*

2014年6月

キャッシングの審査と派遣社員の属性

カードローンやキャッシングに申し込みをすると、金融機関では審査を行います。そして無事にそれを通過した場合にのみ、はじめてキャッシングやローンを利用することができるようになるのです。
ところでその審査ですが、通るか通らないかの判定は、申込者の属性によって決まります。属性というのは、要するに申込者の社会的信用や経済的信用などを測定するための目安となる個人情報のことです。具体的には、住所、氏名、年齢をはじめとして、勤務先の規模、収入状況、勤続年数、それに自宅は持ち家か賃貸か、今までの借り入れの利用歴などを調べるのです。それによって、金融機関は申込者の属性が高いか低いかを調べるのです。
もちろん、属性が高い人ほどお金を借りるには有利になります。そして同じサラリーマンでも、派遣社員と正社員とを比較すると、正社員のほうが属性は高いと判断されることが多い傾向があります。このように、雇用形態もまた、属性のチェック・ポイントの一つなのです。
こちら(⇒自動契約機MC165)のサイトでさらに詳しくみる。


特許申請はビジネスのため

知的財産権を取得するということは、ビジネスのためとなるからです。

知的財産権の種類については、このサイトで分かるようになっています。http://spring-pat.com/

実は、弁理士事務所のサイトなのですが、どれほど親切なのかということもわかりました。なぜなら、依頼が来たらとにかく仕事を請けるということはしないようで、ビジネスのためにならない、または取得する必要がないとわかれば、無理に申請をさせるようなことはしないようなのです。

儲かりたいのなら依頼があれば、相談があればとにかく収益に結び付けたいものですが、そうじゃないのですね。

請けた依頼が依頼人のビジネスに直結し、申請したほうが良いと判断することで良好な関係を築こうという気持ちがあるのだと思います。特許申請の多くは仕事に活かしているものですし、それによって収益を上げているものが殆どです。たとえそればネーミングだって、それがあることで多くの消費者に周知されどの製品よりも選ばれるのです。なんと、名前やロゴマークの効果って凄いらしいですよ。

あなた自身、安心して品物を買う際、周知されているものを真っ先に選ぶことでしょう。特に高価な商品なら、冒険はしないのが消費者なのです。