*

特許申請はビジネスのため

知的財産権を取得するということは、ビジネスのためとなるからです。

知的財産権の種類については、このサイトで分かるようになっています。http://spring-pat.com/

実は、弁理士事務所のサイトなのですが、どれほど親切なのかということもわかりました。なぜなら、依頼が来たらとにかく仕事を請けるということはしないようで、ビジネスのためにならない、または取得する必要がないとわかれば、無理に申請をさせるようなことはしないようなのです。

儲かりたいのなら依頼があれば、相談があればとにかく収益に結び付けたいものですが、そうじゃないのですね。

請けた依頼が依頼人のビジネスに直結し、申請したほうが良いと判断することで良好な関係を築こうという気持ちがあるのだと思います。特許申請の多くは仕事に活かしているものですし、それによって収益を上げているものが殆どです。たとえそればネーミングだって、それがあることで多くの消費者に周知されどの製品よりも選ばれるのです。なんと、名前やロゴマークの効果って凄いらしいですよ。

あなた自身、安心して品物を買う際、周知されているものを真っ先に選ぶことでしょう。特に高価な商品なら、冒険はしないのが消費者なのです。



コメントする